医師に英語で話せることは素晴らしい

病院で働いていると、外国人の姿を見ることもあります。そういう時には少し緊張をしてしまいます。もちろん「話す事ができない…どうしよう」という恐れからです。そういう中でも、友人や知り合いのような日本人が、英語をペラペラ話しているのを聞くと、とても尊敬します。
相手の話していることはなんとなくわかるのですが、自分の伝えたい言葉を伝えるのが難しいのです。そう考えると私がもしも海外に旅行に行って病気になり、英語を話さないといけないようなことになったらどうしよう…と思います。
私は、外国旅行は今まで1度しか行ったことがないのでそういう心配は要らないように思います。ただ人によっては外国に旅行することが趣味という人もいますよね。そういう人でも英語はそんなに堪能ではないという人もいます。
でも何度も行っているうちに英語力をアップさせることができるということもあるかもしれません。例えば外国に行っているうちに、病院に行かなければいけなくなり英語で自分の状態を医師に説明しなければいけないということもあるでしょう。
そういう時に単語を並べただけになることもあるかもしれませんが、精一杯自分の状態を伝えて、医師に処置をしてもらうことが出来れば、それは素晴らしい経験になると思います。
そういったことを繰り返すことにより、語学力もついてくるのかもしれません。私は英語を学びたいとはあまり思わなかったのですが、病院に来院される外国人の方をみて日常生活においてもう少し学ぶ必要があるかもしれないな~と感じるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です